桜流し

昨日のお花見屋形船は曇りながらなんとか

お客様に楽しんで頂きましたが今日は朝から

冷たい雨で夕方ごろより北風も強くなるみたいで

’花ちらし’になりそうですね。

この’花ちらし’と言う言葉は桜が満開を迎え

終盤に雨と風が吹き花びらが散っていく様を

表していると思っていましたが、正式には

昔の男女が花見をした後に飲食をし

その後・・・・・・少し艶っぽい話みたいですね。

桜の時期の雨に対する言葉として

桜雨・・桜が咲くころの雨

花時雨・・桜の時期の冷たい雨

花の雫・・花びらから滴り落ちる雫のこと

桜流し・・桜の花を散らす雨のこと

要するに今日の雨は’桜流し’と表した方が

正解?確かに’花ちらし’と表現するよりも

[今日の雨は桜流しとなりそうですね]

と表現した方が風情があるような・・・

日本語の表現方法は難しいけど美しい~

 

5月のゴールデンウィークに江戸屋形船組合

投網保存会主催の投網祭りを行います。

例年ですと、5月5日のみの開催でしたが

参加希望者が多いのと他の日にちでの

希望も多かった為本年度は5月3日から6日までの

4日間にかけて開催することとなりました。

各船宿が独自に運航するので投網祭りとしては

若干お祭り感が薄れますが江戸川の伝統漁法である

投網を幅広くお客様たちに見て頂き楽しんで

頂きたいと思っています。

 

 

お花見もほぼ終わり時間に余裕が出来たので

ぼちぼち投網の練習をするぞ!!!