宴会だけではない春の屋形船の楽しみ方

少し日にちが経ちましたが先日の日曜日

屋形船で潮干狩りに行きました。

もちろんお客様ですよ~

遊びでは何回も行っていますが

お客様としては久しぶりでした。

昔はお客様が乗っている船を

そのまま浅瀬にのし上げるという

少し荒っぽいやり方でしたが

今は屋形船で洲の近くまで行き

小船に乗り移って頂き潮干狩り場

まで運びます。

結果は・・・・

アサリ:全然取れず

ハマグリ:ポチポチ

蜆:頑張った分だけ取れる

4月の後半に毎年組合でアサリを

撒いていますがゴールデンウィーク

明けにはほぼ採りつくされてしまいます。

摂理ですね~~~~

所でこの潮干狩りを行う場所は

三枚洲と言い葛西臨海公園の沖荒川と

旧江戸川に囲まれたところにあります。

人口の干潟と自然の干潟で形成され

広さは64ヘクタール(三番瀬の半分)

広すぎて自分の船が何処にあるか

わからなくなります(嘘)

人口の干潟は東京で唯一の海水浴

(水遊び)が出来る西なぎさ

自然環境保護の為立ち入り禁止の東なぎさに分かれていて両なぎさ

の沖合が自然の干潟となっています。

かつては旧江戸川の河口には

浦安側に大三角、小三角

葛西側に上、下蜆島等の干潟

が有りその沖に三枚洲という

地形でした。

三枚洲以外は全て埋め立てられ

浦安側は舞浜地区となり

ディズニーランドが出来たんです

よ~~

葛西側は清新町、臨海町地区となり

臨海公園が出来ました。

近年は治水、洪水対策の為河川の

護岸が整備され土砂堆積がないので

浅瀬の保護、生態系の維持のため

組合と国が一体となり三枚洲の

沖合に土砂を入れたりしています。

但しすべてが浅くなると船舶の

航行に問題が出てくるので

航路部分の浚渫も行っています。

このように歴史的や自然環境的に

興味深い場所ですので皆様是非

遊びに来て下さい。