夏の昼間の網さだ 屋形船

昨日の三連休中日16日昼間の屋形船お客様でした。

前から息子に出てくれと言われていましたが暑さが

苦手なので断っていたのですが・・・

最近は7月~8月の昼間の屋形船はやらないように

していましたが・・受けてしまったので・・

13時にお客様を乗せ出発!

速攻でヒミコ?に抜かれる!

但し同じようなタイプでホタルナという船も

有りやはり松本零士先生のデザインで

ヒミコの定員は80名ホタルナは120名だそうです。

ホタルナの名前の由来は月が輝く夜に

神秘的な輝きを放つ蛍が墨田川を舞う

(月の女神/LUNA)から命名された

みたいです。

今回は隅田川からではなく豊洲の市場横経由で

お台場に向かう。いつ開通するかわからない

豊洲大橋を抜けお台場に!

それにしても今日は曇りなので非常に

助かりました!それでも操船中に当たる

風は温風・・

これが何時ものピーカン

だったら・・

でも結構屋形船・・出ていますね~

皆さん頑張っているんだな~と思いました!

となりの第七網さだ屋形船も無事到着!

早速佃煮の販売船が寄ってきましたが

ダメみたいで次に来たアイスキャンデー船は

商売繁盛・・売れたお礼かアイスもらいました!

ありがとう~~

時間になり帰りは隅田川からスカイツリーまで

向かう。

レインボーブリッジの下を抜け

航行していると後ろから

めちゃ目立つ御座船 安宅丸が

迫ってくる。

この船は25年前に瀬戸大橋開通を記念し造られ

7年程前に東京湾に嫁入りに?来ました。

今年の3月にはリニューアルされたみたいですけど

外見上・・分かりません!

月島付近を通ると大きな常夜灯が見えます。

これは江戸の時代、天明の大飢饉の後

江戸に流れ込んだ無宿人等々で

治安が悪化した時、池波正太郎の

鬼平犯科帳に出てくる長谷川平蔵が

10代将軍徳川家治の家老松平定信に

提言し石川島と佃島の間16.000坪余りを

拝領し埋め立て人足寄せ場

(今でいう職業訓練場)を作り

平蔵自ら初代の責任者になった

様でその時に人足達を使い

この様な灯台を作りました。

池波フアンの自分としては

たまりませんね~

で無事到着!お客様にも喜んでいただき

良かった!!

但し今日は日焼けで両腕と鼻の頭が

真っ赤、ピリピリ!!