東京屋形船航行における水門の種類

網さだの屋形船が航行するうえでポイントと

なるのが水門です。

普通の人は東京の水門?ピンと来ないでしょうが

東京には結構運河が多く水の都といっても過言ではない

中での水門は高潮対策等々で貴重な役割を担っています。

水門の数および種類は結構あり詳しくは

東京都港湾局のホームページをご参照あれ!

網さだの屋形船がお台場などに航行するためにも

*新砂水門(セクターゲート式)

*東雲水門(複葉ローラーゲート、セクターゲート式)

月島経由で

*豊洲水門(複葉ローラーゲート式)

*朝潮水門(スイングゲート式)

などが有り網さだの桟橋近くには

都内でも比較的大きな部類の今井水門が

有ります。

この今井水門は荒川、綾瀬川、芝川の

水系を統一し洪水防除の為に造られた

物です。

この写真の水門は色々な呼び名で呼ばれていて

正式には江戸川水閘門 一般には江戸川水門

地元の人たちは自分も含め篠崎水門と

呼んでいます。

1936年着工、1943完成と70年以上

経っていてちょくちょく補修工事が

行われていますね~

ここは上流に金町の取水場があり

都民の水道水確保、塩害防止

水位の確保の為に様々な機能を備えています。

江戸川水閘門の閘門は

ロックゲートの事で水位の違う水路に

船を航行するための特殊な水門で

規模の非常に小さいパナマ運河の水門と

思って下さい。

そして江戸川の花火大会の際屋形船が絶対

通る所でその年の上流側(利根水系)の

水位(ダム貯水量)が低いとスムーズに

通れず大変な難所ともなる所です。

1)下流側の水門を開け屋形船を5艘~6艘ほど入れる。

2)下流側の水門を閉める。

3)上流側の水門を少しずつ上げ水位を調整する。

その間水流が発生するのでスタッフ一丸となり

屋形船を抑える。

4)上流の水門が全開になったら順番にそして

慎重に屋形船を出す!

文章ではあっという間ですが何年か前に

船数が多いための大渋滞で

3時間以上かかり花火開始時間に間に合わなかった

事が有りました。泣けた~~

篠崎水門の後ろの方に見えるのが江戸川放水路の

水門で通常は閉まっていますが

東京都心で集中豪雨などがあるとほぼ

江戸川に流れるようになっていてそこで

江戸川放水路の出番となります。

東京の治水に関しては結構江戸川は

貢献しているんですよ~